目の健康を保つルテインを手軽に飲み物で摂取する方法!

ルテイン

みなさん、「ルテイン」という言葉を見たり聞いたりしたことはありませんか?

「ルテイン」は、最近注目されている目の健康を保つ成分です。
ルテインを意識的に摂取することで、目の健康を保つことが可能になります。

今回はルテインを手軽に摂取できる方法をご紹介していきます!

ルテインとは?

ルテインという成分は聞いたことはあるけど、効果などは詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。

まずは「ルテインとは」についてお話しします。

ルテインとは・・・
主に、ケールや小松菜など緑黄色野菜に多く含まれており、強い抗酸化作用を持つ黄色の天然色素です。また、目の中の水晶体や黄斑部などに元々存在している成分でもあります。

※抗酸化作用とは、活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑えることを指します。

抗酸化作用が強いと、老眼の予防や身体のサビの予防になります。

スマートフォンやパソコンから放出される青色のブルーライトを吸収し、目を守る働きがあり、なおかつ目の老化を予防する効果もある、それが「ルテイン」です。

これは積極的に摂りたい成分ですよね。
では、ルテインはどのように摂取すれば良いでしょうか?

次にルテインの摂取方法についてお話しします。

ルテインの摂取方法

ルテインは、紫外線や喫煙、ストレスなどで減少してしまいます。

更には、体内で合成できない仕組みになっているため、積極的に摂取していくことが大切です。
では、どのようにして摂取すれば良いでしょうか。

ルテインを手軽に摂取できる方法とは・・・

ルテインは飲み物で摂取しよう

前途した通り、ルテインは緑黄色野菜に多く含まれています。
が、しかし、野菜からルテインを補おうとするとかなりの量が必要となります。

ルテインの1日の摂取の目安は大体6mgから20mgと言われており、野菜で表すと、小松菜なら4株以上、人参なら10本以上も必要となります。

この量を毎日摂るのは、なかなか難しいです。

現実的に、もっと手軽にルテインを摂取したいですよね。そこでルテインを飲み物で摂取する方法があります。

ルテインを飲み物で摂取する方法

方法①:野菜ジュース

加工の際の加熱の影響を受けにくいルテインは、野菜ジュースで簡単に摂ることができます。市販の野菜ジュースでも十分にルテインを補うことができます。

また、果物ジュースにもルテインは含まれています。

方法②:青汁

野菜ジュースには、砂糖などが含まれているものもあります。
そういった糖分が気になるという方は青汁の方が良いかもしれません。

粉末タイプや冷凍タイプなど色々な種類がある青汁。ルテインの他にも身体に良い栄養素が配合されているので、毎日飲むのが理想的です。

ですが、「良薬口に苦し」と言われるように、青汁は野菜ジュースに比べて、味覚的に飲みにくいものが多いです。

そんな時は、料理に混ぜて摂るのもひとつの方法です。ホットケーキに混ぜたり、スープに溶かしたりと、工夫することで摂取しやすくなります。

まとめ

いくら健康のためとはいえ、手間がかかったり味覚的に無理なものを毎日続けるのは、難しいです。

そんな時は、サプリメントがおすすめです。サプリメントは携帯もしやすく、手軽にルテインを摂ることができます。

ルテインが含まれているサプリメントはたくさんありますが、中でも「ルテインゴールド」という商品は、一粒でルテインが20mgも配合されているとのこと。

一粒でルテインが20mgもルテインが配合されているのはかなり魅力的です。

今日から早速、ルテインを飲み物やサプリメントで補って健康維持に努めましょう!